書誌事項

厭な小説

京極夏彦[著]

(角川文庫, き26-56)

KADOKAWA, 2020.5

タイトル読み

イヤ ナ ショウセツ

大学図書館所蔵 件 / 4

注記

祥伝社文庫 2012年刊の加筆修正

同期の愚痴にうんざりして帰宅した私を出迎えたのは、巨大な顔、山羊のような瞳の、見知らぬ不気味な子供だった。しかし、妻は自分たち以外に家には誰もいないと言う。幻覚か? だが、それが悪夢の日々の始まりだった…。

収録内容

  • 厭な子供
  • 厭な老人
  • 厭な扉
  • 厭な先祖
  • 厭な彼女
  • 厭な家
  • 厭な小説

内容説明・目次

内容説明

「厭で厭で厭で堪らなくって、それでみんな逃げ出したんだ。会社から、人生から、日常から、人間から—」職場と家庭の人間関係に苦悩する私の家に現れた、巨大な顔に山羊のような瞳を持つ子供らしきもの。永遠の幸福をくれるというホテルで、安全な殺人を行うことととなったホームレスの男。何故か僕が厭だと思うことだけを繰り返す、異常な彼女—。あなたに擦り寄る戦慄と驚愕。世にも奇妙な、7つの物語。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC00522853
  • ISBN
    • 9784041084458
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    482p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
    ページトップへ