書誌事項

凶犬の眼

柚月裕子 [著]

(角川文庫, ゆ14-7 . 「孤狼の血」シリーズ||コロウ ノ チ シリーズ)

KADOKAWA, 2020.3

タイトル読み

キョウケン ノ メ

大学図書館所蔵 件 / 11

注記

2018年刊の加筆修正

内容説明・目次

内容説明

広島県呉原東署刑事の大上章吾が奔走した、暴力団抗争から2年。日本最大の暴力団、神戸の明石組のトップが暗殺され、日本全土を巻き込む凄絶な抗争が勃発した。首謀者は対抗組織である心和会の国光寛郎。彼は最後の任侠と恐れられていた。一方、大上の薫陶を受けた日岡秀一巡査は県北の駐在所で無聊を託っていたが、突如目の前に潜伏していたはずの国光が現れた。国光の狙いとは?不滅の警察小説『孤狼の血』続編!

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC01121417
  • ISBN
    • 9784041088968
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    372p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
    ページトップへ