差別の近現代史 : 人権を考えなおす

書誌事項

差別の近現代史 : 人権を考えなおす

塩見鮮一郎著

(河出文庫, [し13-12])

河出書房新社, 2020.8

タイトル読み

サベツ ノ キンゲンダイシ : ジンケン オ カンガエナオス

大学図書館所蔵 件 / 28

注記

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

明治維新、西欧帝国主義に追従する姿勢が、弱者を蔑視する本心を露呈させる。近代化が、前近代以上の差別心を助長する。見えないものからますます目を背け、排除していく。新型コロナの席巻で、隠されていた「どす黒い心」がさらに噴き出す。差別の根底に秘められたものの正体を正面から考える、日本近現代史が語る差別の実態。

目次

  • 第1章 差別誕生のいきさつ
  • 第2章 西欧模倣社会の差別のゆくえ
  • 第3章 焼け跡からやりなおせたのか
  • 第4章 エポック・エコノミーと性差別の関係
  • 第5章 AIでは救えないコクーン社会下の差別
  • 第6章 コロナ以後に露呈した「黒いかたまり」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ