自衛隊は市街戦を戦えるか

書誌事項

自衛隊は市街戦を戦えるか

二見龍著

(新潮新書, 870)

新潮社, 2020.8

タイトル読み

ジエイタイ ワ シガイセン オ タタカエルカ

大学図書館所蔵 件 / 37

内容説明・目次

内容説明

陸上自衛隊といえば総合火力演習。榴弾砲に迫撃砲、戦車がハデに撃ちまくる—だが、それで日本を守れるのか。サイバー戦に情報戦が加わった「新しい戦争」の時代、主戦場となるのは市街地ではないのか。「時代錯誤の突撃訓練」「独自の文化・銃剣道」「銃の取り扱い方も知らない隊員たち」…陸上自衛隊で作戦・教育訓練にたずさわり、「最強の部隊」を追求した元幹部が初めて明かす組織の内情と未来への提言。

目次

  • 第1章 今や戦闘は変わった
  • 第2章 民間人を撃つな!
  • 第3章 我々は何も知らなかった
  • 第4章 これでは「戦争ごっこ」
  • 第5章 装備と訓練は世界標準なのか
  • 第6章 40連隊とその後
  • 第7章 「鬼軍曹2.0」を求めて
  • 第8章 国民に愛される自衛隊の先にあるものは

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ