経済人類学入門 : 理論的基礎

書誌事項

経済人類学入門 : 理論的基礎

鈴木康治著

作品社, 2020.8

タイトル別名

Introduction to economic anthropology

タイトル読み

ケイザイ ジンルイガク ニュウモン : リロンテキ キソ

大学図書館所蔵 件 / 8

注記

初めて経済人類学を学ぼうとする大学生を主な対象とした入門書。経済人類学の全体像を知ることができるように、幅広いトピックを取り上げ、図表を多用し、簡潔かつ平明に解説する。

文献: p249-252

内容説明・目次

内容説明

経済人類学(economic anthropology)とは?市場経済、自然環境と経済活動、農村や狩猟採集社会の在り方、さらに贈与交換といった非市場型の経済システムなど、人間の経済の全般をフィールドワークなどの人類学的な手法を用いて研究する学問である。特に、経済史家カール・ポラニーの問題意識から影響を受けて発展してきた。近年、地球環境問題に対する関心の高まりを背景に、持続可能な経済システムなどを考えるうえでも重要な分野として、再び世界的に注目を浴びている。

目次

  • 第1部 人間の経済(経済人類学の問い;エコノミーの概念;充足性の論理と希少性の論理;経済と社会;経済行為の合理性)
  • 第2部 経済行為の基盤(文化の役割;自然環境への適応;互酬の連関;分業と協業;モノの時空)
  • 第3部 経済行為の再編成(市場志向の拡大;アノミーと欠乏;消費の格差;表象の過剰と情報の縮減)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC02158150
  • ISBN
    • 9784861828195
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    259p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ