書誌事項

戦争のなかの日本

戸部良一著

千倉書房, 2020.7

タイトル読み

センソウ ノ ナカ ノ ニホン

大学図書館所蔵 件 / 74

収録内容

  • 欧洲大戦と日本のゆらぎ
  • 三つの「戦争」
  • 第二次世界大戦
  • 南進と大東亜「解放」
  • 朝鮮駐屯日本軍の実像
  • 帝国在郷軍人会と政治
  • 日本陸軍の中国共産党観
  • 日本軍人の蔣介石観
  • 戦前日本の危機管理
  • 支那事変初期における近衛内閣の対応
  • 日本人の日中戦争観
  • 日中和平工作の挫折
  • 汪兆銘のハノイ脱出をめぐって
  • 桐工作をめぐって
  • 対中和平工作 一九四二~四五年

内容説明・目次

内容説明

かつて戦争は国策追求の手段だった。そんな時代の論理と心理。

目次

  • 第1部 世界大戦とどう向き合ったのか(欧洲大戦と日本のゆらぎ;三つの「戦争」—満洲事変、支那事変、大東亜戦争;第二次世界大戦—アジアの戦争とヨーロッパの戦争;南進と大東亜「解放」)
  • 第2部 軍人はいかに考えたのか(朝鮮駐屯日本軍の実像—治安・防衛・帝国;帝国在郷軍人会と政治;日本陸軍の中国共産党観—一九二六〜三七年;日本軍人の蒋介石観—陸軍支那通を中心として;戦前日本の危機管理—居留民保護をめぐって)
  • 第3部 中国となぜ戦い続けたのか(支那事変初期における近衛内閣の対応;日本人の日中戦争観—一九三七〜四一年;日中和平工作の挫折;汪兆銘のハノイ脱出をめぐって—関係者の回想と外務省記録から;桐工作をめぐって;対中和平工作 一九四二〜四五年)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ