ダ・ヴィンチ、501年目の旅

書誌事項

ダ・ヴィンチ、501年目の旅

布施英利著

(インターナショナル新書, 057)

集英社インターナショナル , 集英社 (発売), 2020.8

タイトル読み

ダ ヴィンチ 501ネンメ ノ タビ

並立書誌 全1

大学図書館所蔵 件 / 12

内容説明・目次

内容説明

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452〜1519年)が死して501年。21世紀の今、「万能の天才」はどういうイメージで受け止められているのだろう?その姿を求めて著者は旅に出た。パリ、ロンドン、ミラノ、フィレンツェ…、節目の年に開催される展覧会やゆかりの地を巡る。美術だけにとどまらず解剖学や工学などの視点からもダ・ヴィンチを見ることで、浮かび上がってきた新しい姿とは?

目次

  • 第1章 2005年、イタリア、ドイツ、フランス、ロシア—ダ・ヴィンチ全点踏破を目指す旅(ダ・ヴィンチの45歳をめぐる旅;まず『ダ・ヴィンチ・コード』の謎をこの目で確かめる ほか)
  • 第2章 2017年、フィレンツェ、ミラノ…ダ・ヴィンチ若き日の絵画(フィレンツェ;ミラノ)
  • 第3章 2019年夏、ロンドン…ダ・ヴィンチの手稿(ダ・ヴィンチ、501年目の旅;膨大なダ・ヴィンチの手稿=ノート ほか)
  • 第4章 2019年冬、ロンドン…ダ・ヴィンチの絵画(「サイダー」で酔っ払ったままナム・ジュン・パイク展へ;機械が表現する距離感 ほか)
  • 第5章 パリ、501年目の『モナリザ』への旅(史上最大のダ・ヴィンチ展@ルーブル美術館;3枚だけに使った技法スフマート ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ