創造性と脳システム : どのようにして新しいアイデアは生まれるか

書誌事項

創造性と脳システム : どのようにして新しいアイデアは生まれるか

エルコノン・ゴールドバーグ著

新曜社, 2020.11

タイトル別名

Creativity : the human brain in the age of innovation

タイトル読み

ソウゾウセイ ト ノウ システム : ドノヨウニ シテ アタラシイ アイデア ワ ウマレルカ

大学図書館所蔵 件 / 87

注記

監訳: 武田克彦

原著 (c2018) の翻訳

注: 巻末p11-47

イノベーションの時代、創造性をどう高めるか、発揮するかへの関心がますます高まっている。脳研究の最新成果から人工知能の創造性の問題まで、幅広い知見を新しい視点から統合して提示する。

内容説明・目次

内容説明

加速するデジタル革命—社会・文化が急速に変容し、人間の脳が情報を処理する方法も大きく影響を受ける。脳はどのように新規性を生みだし、消費するか。認知神経科学と社会・文化的視点を統合し、イノベーションと創造性を脱構築。創造の瞬間をもたらす脳システムの新しい理解を提示して、新規性駆動時代に生きるわれわれの脳に刺激を与える一冊。

目次

  • 1 新規性の時代
  • 2 創造性の神経学的神話
  • 3 保守的な脳
  • 4 人魚、レゴ・ブロックの達人、そして、洞窟のライオンマン
  • 5 サリエンスが重要!
  • 6 イノベーションする脳
  • 7 指向性のある放浪と言い表しがたい創造の火花
  • 8 ヒヒは創造的か?
  • 9 創造的精神
  • 10 創造的な脳
  • 11 エピローグ—次は何か?

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC0364178X
  • ISBN
    • 9784788516953
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 346, 47p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ