書誌事項

刑事法学と刑事弁護の協働と展望 : 大出良知・高田昭正・川崎英明・白取祐司先生古稀祝賀論文集

石田倫識 [ほか] 編集委員

現代人文社 , 大学図書 (発売), 2020.12

タイトル別名

刑事法学と刑事弁護の協働と展望 : 大出良知高田昭正川崎英明白取祐司先生古稀祝賀論文集

タイトル読み

ケイジ ホウガク ト ケイジ ベンゴ ノ キョウドウ ト テンボウ : オオデ ヨシトモ・タカダ アキマサ・カワサキ ヒデアキ・シラトリ ユウジ センセイ コキ シュクガ ロンブンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 76

注記

タイトルは奥付による

その他の編集委員: 伊藤睦, 斎藤司, 関口和徳, 渕野貴生

大出良知先生年譜・業績一覧: p944-951

高田昭正先生年譜・業績一覧: p952-956

川崎英明先生年譜・業績一覧: p958-965

白取祐司先生年譜・業績一覧: p966-974

収録内容

  • 再審請求手続と「職権主義」 / 斎藤司著
  • 再審請求審における審理義務 / 田淵浩二著
  • 再審における証拠の明白性の判断方法・再論 / 関口和徳著
  • ノヴァ型再審における総合評価 / 松宮孝明著
  • 7号再審についての覚書 / 新屋達之著
  • えん罪事件の諸問題 / 森下弘著
  • 刑事再審制度の歴史的意義と基本構造 / 高倉新喜著
  • 鳥取ホテル支配人殺人事件最高裁判決と総合評価のあり方 / 豊崎七絵著
  • 薬物密輸事件における「回収措置に関する経験則」の不合理性 / 角田雄彦著
  • 刑事裁判官の「合理的疑い」発見能力と無辜の救済 / 渕野貴生著
  • 弁解録取手続と弁護人接見 / 石田倫識著
  • 被疑者の黙秘権と弁護人の効果的援助を受ける権利 / 葛野尋之著
  • 取調べへの弁護人立会いの到達点と展望 / 川崎拓也著
  • 供述弱者をめぐる議論の現状と課題 / 京明著
  • 身分秘匿捜査と自己負罪からの自由 / 松倉治代著
  • 所持品検査の諸問題 / 神谷慎一著
  • 警察官の違法・不当な職務執行にたいする外部的統制 / 三島聡著
  • 行政調査の訴追目的利用 / 内藤大海著
  • 電磁的記録の取得 / 松代剛枝著
  • 被疑者・被告人の身体に対する処分と比例性原則 / 辻本典央著
  • 現行犯逮捕・準現行犯逮捕における明白性の判断資料 / 小浦美保著
  • 逮捕・勾留の繰り返しによる起訴前勾留の長期化とその憲法上の問題 / 佐藤元治著
  • 刑訴法81条の接見等禁止についての一考察 / 岡田悦典著
  • 刑の執行確保と保証金没取の意義 / 中島洋樹著
  • 訴訟能力の有無に関する法的判断 / 緑大輔著
  • 日独の訴訟費用制度における国選弁護費用の被疑者・被告人負担とその理念 / 黒澤睦著
  • 悪性格証拠の推認過程の明確化の必要性 / 高平奇恵著
  • 公判外供述の証拠使用の制限と証人審問手続 / 伊藤睦著
  • 刑訴法321条3項の書面に関する一考察 / 伊藤博路著
  • 被疑者取調べ録音録画記録媒体の実質証拠化について / 上田信太郎著
  • 証拠としての可視化記録媒体について / 小坂井久著
  • 論争のある医学分野での医学文献の証拠能力等の取扱い / 秋田真志著
  • 違法収集証拠排除法則における排除相当性の本質について / 佐藤美樹著
  • 少年事件が捜査遅延によって成人後訴追された場合の救済方法の検討 / 黒川亨子著
  • 量刑判断における防御と当事者主義 / 岡慎一著
  • 戦後の刑事立法における治安維持法の残滓 / 村田和宏著
  • 末期でない人物の安楽死とヨーロッパ人権裁判所 / 田中康代著
  • 起訴猶予に伴う再犯防止措置の批判的検討 / 武内謙治著
  • 無期刑の性質 / 本庄武著
  • 少年法における「保護主義」について / 高内寿夫著
  • 家庭裁判所におけるケースワーク機能と他機関連携 / 大貝葵著
  • 検察官先議及び少年審判手続における検察官の役割 / 山﨑俊恵著
  • 少年司法における子どもの権利に関する覚書 / 佐々木光明著
  • ウィズコロナ時代の実定法解釈学授業 / 中川孝博著
  • 共同研究の展開とその意義 / 川崎英明, 白取祐司, 高田昭正述 ; 大出良知司会
  • 『季刊刑事弁護』創刊100号と刑事弁護 / 上田國廣, 神山啓史, 川崎英明ほか述

内容説明・目次

目次

  • 誤判救済・事実認定論(再審請求手続と「職権主義」;再審請求審における審理義務 ほか)
  • 刑事訴訟法(弁解録取手続と弁護人接見;被疑者の黙秘権と弁護人の効果的援助を受ける権利 ほか)
  • 刑法・刑事政策・少年法(戦後の刑事立法における治安維持法の残滓;末期でない人物の安楽死とヨーロッパ人権裁判所 ほか)
  • 4先生古稀祝賀論文集座談会 共同研究の展開とその意義—実践と理論の架け橋を目指して
  • 新旧編集委員座談会 『季刊刑事弁護』創刊100号と刑事弁護—評価と課題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ