書誌事項

江戸のコレラ騒動

高橋敏 [著]

(角川文庫, 22478)

KADOKAWA, 2020.12

タイトル別名

幕末狂乱 (オルギー) : コレラがやって来た!

角川ソフィア文庫

タイトル読み

エド ノ コレラ ソウドウ

大学図書館所蔵 件 / 32

注記

『幕末狂乱 (オルギー) : コレラがやって来た!』(朝日新聞社 2005年刊)を改題し、文庫化したもの

基礎資料・参考文献: p245-247

その他のタイトルはブックジャケットによる

ブックジャケットに「角川ソフィア文庫 I-160-1」の表示あり

内容説明・目次

内容説明

黒船来航直後、幕末の江戸を大地震が襲った。安政5年、これにコレラが追い打ちをかける。3日で死ぬといわれたコレラ。それを操るとされた悪狐を倒すため、強い霊力を持つ御神犬や御札を求め、さらには京から神社を勧請。無礼講の祝祭に走った。当時の人々がどのようにコレラと闘ったのか、東海の村に残る記録から再現。民衆の迷信と笑えない。新型コロナ騒動を彷彿とさせる、おかしくもたくましい庶民たちの姿を活写する。

目次

  • 1 名主の見た幕末の「不安」(幕末社会へのアプローチ;災厄情報と世直し;災厄に立ち向かう人々)
  • 2 コレラの恐怖と妄想(大宮町のコレラ;アメリカ狐からイギリス疫兎へ—死の恐怖と妄想;くだ狐に三峯山の御犬—コレラの徐祭儀礼;コレラ騒動から見えてくるもの)
  • 3 京都・吉田神社を勧請する(代参による勧請;飛脚便による勧請;コレラ騒動と吉田神社)
  • 4 アメリカ狐と三峯山御犬拝借(御宿村の御神犬拝借;開港下、伊豆下田の狐狩;安政五年の武州秩父三峯神社)
  • 5 江戸のコレラ騒動—禦ぎから祝祭へ(安政五年七月、コレラ江戸を襲う;コレラの大流行;禦ぎの信仰と儀礼;公儀の対策;コレラを洒落のめす)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ