カントとシュンカタテシス論

書誌事項

カントとシュンカタテシス論

福田喜一郎著

春風社, 2020.11

タイトル別名

Immanuel Kant + συγκατάθεσις

タイトル読み

カント ト シュンカタテシス ロン

大学図書館所蔵 件 / 31

注記

参考文献: p338-339

内容説明・目次

目次

  • 序論 フレーゲの「思想」
  • 第1部 シュンカタテシス論の展開(アリストテレスの弁論術(説得と確信);ストア派のシュンカタテシス論(シュンカタテシス論の原型);懐疑主義(シュンカタテシスの回避);デカルト(自由なシュンカタテシス);プラグマティズム(信念論の展開);ヴィトゲンシュタイン(確実性の問題);プラトンとスピノザ(反シュンカタテシス論);サルトル(自己欺瞞);ウィリアムズとコーエン(信念と承認))
  • 第2部 カントのシュンカタテシス論(カントの論理学思想;カントの格率論)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ