沖縄-奄美の境界変動と人の移動 : 実業家・重田辰弥の生活史

書誌事項

沖縄-奄美の境界変動と人の移動 : 実業家・重田辰弥の生活史

野入直美著

みずき書林, 2021.2

タイトル別名

Shigeta Tatsuya

沖縄-奄美の境界変動と人の移動 : 実業家重田辰弥の生活史

タイトル読み

オキナワ アマミ ノ キョウカイ ヘンドウ ト ヒト ノ イドウ : ジツギョウカ シゲタ タツヤ ノ セイカツシ

大学図書館所蔵 件 / 32

注記

参考文献: p319-329

年表: p335-340

内容説明・目次

内容説明

奄美にルーツを持ち、満洲で生まれ、沖縄で育ち、東京で起業し、境界を越えたビジネス・ネットワークを築いたある実業家。そのライフヒストリーは、戦前と戦後、米軍統治時代と復帰後、そして現代のグローバル時代まで、個人史であると同時に、ひとつの沖縄現代史ともなっている。インタビューと論考から、“生きられつつある現代史”が浮かび上がる。

目次

  • 第1部 ライフヒストリー篇(現在の重田辰弥さん—会社の承継、ガン発症とブログ発信;沖縄—本土就労の流れをつくる;在琉奄美人の決断—琉球大学を辞めて早稲田大学へ;移動の中で育つ—満洲、奄美、沖縄;沖縄と海外をつなぐ—WUB東京初代会長として)
  • 第2部 論考篇(島を出る女性—本土出稼ぎという「冒険」;島人の同族結合—出郷する弟、家守の兄;奄美の漁業と本土・沖縄文化;人口流出の島—奄美・瀬戸内町のいま;米軍統治下の奄美から沖縄へ ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC05546236
  • ISBN
    • 9784909710161
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xvi, 343, 4p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ