日本語の構造と変化

著者

    • 筑紫日本語研究会 チクシ ニホンゴ ケンキュウカイ

書誌事項

日本語の構造と変化

筑紫日本語研究会編

(筑紫語学論叢 / 筑紫国語学談話会編, 3)

風間書房, 2021.3

タイトル読み

ニホンゴ ノ コウゾウ ト ヘンカ

大学図書館所蔵 件 / 45

注記

文献あり

内容説明・目次

目次

  • 日本語使役文の用法と歴史的変化
  • 終助詞「なむ」小考
  • 中古散文における「連体形+ゾ」文の用法—ノダ文・連体ナリ文との共通点と相違点
  • 『上井覚兼日記』における「被賜・被給」をめぐって
  • 中世室町期の注釈書における「〜トナリ」の用法
  • 洒落本における不定の「ぞ」「やら」「か」
  • ソコソコの語史
  • 「ワル(悪)+形容詞」の消長—形容詞語形成の観点から
  • 愛媛県宇和島市三間町毛利家の角筆文献と漢詩学習—写本「三體詩 中」を資料として
  • 昭和初期、福岡県直方の方言矯正書二種
  • 北琉球語喜界島方言の授与動詞
  • 佐賀東部方言の条件節における準体形式「ト」の挿入—時制節性からみた条件表現の体系についての一考察
  • 九州方言の動詞タ形・テ形に起こる音便現象の対応関係:予備的考察
  • 天草諸方言における音調型と複合名詞アクセントの中和
  • 出雲方言アクセントの分布と歴史—2拍名詞4類と5類のアクセントをめぐって
  • ロシア資料と上代特殊仮名遣エ列音—下二段動詞の場合
  • 鹿児島方言における対格標示の条件—ロシア資料と近代談話の比較から
  • 長崎方言の終助詞バイの変遷について—近世近代の長崎史料を中心に
  • 大正10年『読売新聞』の日本語関連記事について—「新聞記事データベース」活用の一例として
  • 連体修飾節と被修飾名詞の関係—スケールを表す被修飾名詞に着目して
  • 間接疑問文発達の一過程—日本語史を中心に

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ