書誌事項

20世紀論争史 : 現代思想の源泉

高橋昌一郎著

(光文社新書, 1125)

光文社, 2021.3

タイトル読み

20セイキ ロンソウシ : ゲンダイ シソウ ノ ゲンセン

大学図書館所蔵 件 / 62

注記

『小説宝石』連載の「20世紀大論争!」(2016年10月号-2017年12月号), 「21世紀大論争!」(2018年1月号-2019年3月号)を新書版刊行にあたり加筆・修正したもの

参考文献: p444-453

内容説明・目次

内容説明

20世紀の思想がそれまでに比べて複雑なのは、コンピュータや遺伝子操作などの科学技術が飛躍的に発展した結果、そもそも人間とは何か、知性とは何か、存在とは何か…といった問いが複雑化し、本質的に深まった点にある。もはや「科学を視野に入れない哲学」も、「哲学を視野に入れない科学」も成立しない時代を迎えた今、改めて世紀を代表する知の巨人たちが繰り広げた原点の論争を振り返る。この「知」の戦いの記録は、現代思想を理解するために必須のものである。コーヒーをこよなく愛する「教授」と明晰な「助手」が織り成す時にユーモラスで知的な対話、世紀を渉猟する全30話を収録する。

目次

  • 「20世紀」とは何か?
  • 「時間」とは何か?—機械論×生気論
  • 「直観」とは何か?—ベルクソン×ラッセル
  • 「言語」とは何か?—言語相対主義×論理実証主義
  • 「実証」とは何か?—ウィトゲンシュタイン×ポパー
  • 「論理」とは何か?—論理主義×形式主義
  • 「数学」とは何か?—カントール×ブラウアー
  • 「理性」とは何か?—完全性×不完全性
  • 「対象」とは何か?—ゲーデル×フォン・ノイマン
  • 「実在」とは何か?—確定性×不確定性〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ