書誌事項

夜の華 : 中国モダニズム研究会論集

中国モダニズム研究会編

中国文庫, 2021.3

タイトル読み

ヨル ノ ハナ : チュウゴク モダニズム ケンキュウカイ ロンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 33

収録内容

  • 連続と断絶
  • 民国初期通俗雑誌における娼妓のイメージ / 神谷まり子
  • 中国人留学生にとっての日本文学 / 大東和重
  • 夜の華
  • 隣はナニをする人ぞ / 齊藤大紀
  • 穆時英『空閑少佐』をめぐる虚実 / 福長悠
  • 「学匪」を駆逐せよ / 中野徹
  • 青島興亡をめぐる民族意識と父の記憶 / 中村みどり
  • 李健吾詩論における個性と現代性 / 田中雄大
  • 諷刺とユーモア / 城山拓也
  • 退廃と倦怠
  • 無名氏『塔裡的女人』論 / 杉村安幾子
  • 重慶時期王平陵の民族主義小説 / 中野知洋
  • 若者たちの虚ろな現実 / 池田智恵
  • 夢の余韻
  • 路翎「窪地上的『戦役』」と朝鮮戦争従軍 / 奥野行伸
  • 豫劇「朝陽溝」の作劇術 / 大野陽介
  • 南洋華僑とその家人 / 松村志乃
  • 「パパ」
  • 「パパ、中国現代文学研究は何の役に立つの?」 / 高橋俊

内容説明・目次

目次

  • 1 連続と断絶(民国初期通俗雑誌における娼妓のイメージ—雑誌『半月』と倡門小説;中国人留学生にとっての日本文学—一九一〇年前後、世代に見る文学受容の変化)
  • 2 夜の華(隣はナニをする人ぞ—胡也頻「昨夜‐一段供状」と民国期のオナニー論;穆時英『空閑少佐』をめぐる虚実;「学匪」を駆逐せよ—国立青島大学の学生運動と聞一多;青島興亡をめぐる民族意識と父の記憶—洪深の映画脚本「劫後桃花」を中心に;李健吾詩論における個性と現代性—その卞之琳評を中心に;風刺とユーモア—「小陳旅京記」と「留京外史」について)
  • 3 退廃と倦怠(無名氏『塔裡的女人』論—逆照射される男性性失墜の物語;重慶時期王平陵の民族主義小説—「女優之死」を中心に;若者たちの虚ろな現実—淪陥期上海における雑誌『紫羅蘭』を中心に)
  • 4 夢の余韻(路〓「窪地上的『戦役』」と朝鮮戦争従軍;豫劇「朝陽溝」の作劇術—大躍進期の現代物にみる家族の物語とその変容;南洋華僑とその家人—茹志鵑、王安憶から見た王嘯平)
  • 5 「パパ」(「パパ、中国現代文学研究は何の役に立つの?」)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ