大人は泣かないと思っていた

書誌事項

大人は泣かないと思っていた

寺地はるな著

(集英社文庫, て6-1)

集英社, 2021.4

タイトル読み

オトナ ワ ナカナイ ト オモッテ イタ

大学図書館所蔵 件 / 31

この図書・雑誌をさがす

収録内容

  • 大人は泣かないと思っていた
  • 小柳さんと小柳さん
  • 翼が無いなら跳ぶまでだ
  • あの子は花を摘まない
  • 妥当じゃない
  • おれは外套を脱げない
  • 君のために生まれてきたわけじゃない

内容説明・目次

内容説明

時田翼32歳、農協勤務。九州の田舎町で、大酒呑みの父と二人で暮らしている。趣味は休日の菓子作りだが、父は「男のくせに」といつも不機嫌だ。そんな翼の日常が、真夜中の庭に現れた“ゆず泥棒”との出会いで動き出し…(「大人は泣かないと思っていた」)。恋愛や結婚、家族の「あるべき形」に傷つけられてきた大人たちが、もう一度、自分の足で歩き出す—色とりどりの涙が織りなす連作短編集。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC06875288
  • ISBN
    • 9784087442342
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    283p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ