時代はさらに資本論 : 資本主義の終わりのはじまり

書誌事項

時代はさらに資本論 : 資本主義の終わりのはじまり

基礎経済科学研究所編

昭和堂, 2021.5

タイトル別名

資本論 : 時代はさらに

タイトル読み

ジダイ ワ サラニ シホンロン : シホン シュギ ノ オワリ ノ ハジマリ

大学図書館所蔵 件 / 51

収録内容

  • いまこそ『資本論』の人間発達読みを / 森本壮亮, 小沢修司著
  • 時間は人間発達の場 / 松浦章著
  • 大工業からAI、NET革命へ / 平松民平著
  • 資本蓄積と貧困 / 瀬野陸見著
  • 資本の本源的蓄積論と階級・家族 / 青柳和身著
  • 商品と貨幣 / 松本朗著
  • 資本と剰余価値 / 大西広著
  • 雇用によらない働き方 / 高田好章著
  • 資本の再生産過程 / 松尾匡著
  • 利潤率の傾向的低下法則 / 森本壮亮著
  • 利子・信用 / 宮田惟史著
  • 資本に呑み込まれる農業 / 三木敦朗, 加藤光一著
  • 資本主義を超えて / 小沢修司著

内容説明・目次

内容説明

資本主義を克服し、生きがい・働きがいのある人間らしい社会を築いていくにはどう考え、歩むべきか。『資本論』に深く学び直す。

目次

  • いまこそ『資本論』の人間発達読みを
  • 第1部 いま労働は?(時間は人間発達の場—労働時間短縮の意義;大工業からAI、NET革命へ—相対的剰余価値の生産;資本蓄積と貧困—相対的過剰人口論の現代的あらわれ;資本の本源的蓄積論と階級・家族—経済外強制としての人工再生産;資本の再生産過程—資本と労働の社会的対抗)
  • 第2部 商品世界と資本の再生産(商品と貨幣—マネーが引き起こす現象の本質をとらえる;資本と剰余価値—資本主義的搾取のからくり;雇用によらない働き方—その実態と雇用社会の限界・未来社会;資本の再生産過程—資本と労働の社会的対抗)
  • 第3部 資本主義の終わりのはじまり(利潤率の傾向的低下法則—長期停滞の原因を解明する;利子・信用—「金融化」現象を読み解く;資本に呑み込まれる農業—地代論の可能性)
  • 資本主義を超えて—ベーシック・インカムに着目して

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ