書誌事項

法人処罰と刑法理論

樋口亮介著

東京大学出版会, 2021.5

増補新装版

タイトル別名

Corporate criminal liability and principles of criminal law

タイトル読み

ホウジン ショバツ ト ケイホウ リロン

大学図書館所蔵 件 / 82

注記

その他のタイトルは標題紙裏による

引用文献一覧: p183-191

内容説明・目次

内容説明

枠組と構造を剔抉。1990年代以降、我が国で活性化した法人処罰をめぐる議論を、比較法的知見を踏まえて追究し、刑法理論上に鮮やかに位置付ける。本書の理解を促す「補論」を新たに加え、待望の復刊。

目次

  • 第1章 日本法
  • 第2章 イギリス法
  • 第3章 アメリカ法
  • 第4章 ドイツ法
  • 第5章 スイス法・オーストラリア法
  • 終章 法人処罰の理論的基礎と具体的要件の構築
  • 補論 法人処罰の系譜的考察—『法人処罰と刑法理論』補遺

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC07476506
  • ISBN
    • 9784130311991
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxvi, 234p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ