クヌギ林の妖怪たち : 童話作家・富安陽子の世界

書誌事項

クヌギ林の妖怪たち : 童話作家・富安陽子の世界

斉藤洋著

講談社, 2021.6

タイトル読み

クヌギバヤシ ノ ヨウカイタチ : ドウワ サッカ トミヤス ヨウコ ノ セカイ

大学図書館所蔵 件 / 9

内容説明・目次

内容説明

幽霊の存在については、それは肯定する人はいる。では、妖怪は?妖怪がほんとうにいると思っている人がどれくらいいるだろうか?しかも、おとなで!ひょっとして、富安陽子は、そういう数少ないおとなのひとりではないか、と私は感じていたのだ。インタビューなら、気がゆるんで、富安陽子の本音が出るのではないかと、私はそう思ったのだ。そうしたら…。富安陽子が生み出す妖ファンタジー×現実世界。その魅力の理由を、『ルドルフとイッパイアッテナ』の著者が解き明かす!

目次

  • 日常と非日常の対峙
  • 緩衝地帯
  • 妖怪たち
  • 不穏
  • 非日常の日常化
  • 魑魅魍魎妖怪跋扈の世界
  • 人間観
  • 人外ではない魔境
  • よけいなこと
  • 竜の飛行
  • 迷信
  • 世界の重層的構造

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ