ロスト・イン・パンデミック : 失われた演劇と新たな表現の地平

書誌事項

ロスト・イン・パンデミック : 失われた演劇と新たな表現の地平

後藤隆基編

春陽堂書店, 2021.6

タイトル別名

Lost in pandemic : 失われた演劇と新たな表現の地平

Lost in pandemic : theatre adrift, expression's new horizons

ロストインパンデミック : 失われた演劇と新たな表現の地平

タイトル読み

ロスト イン パンデミック : ウシナワレタ エンゲキ ト アラタナ ヒョウゲン ノ チヘイ

大学図書館所蔵 件 / 40

注記

展覧会カタログ

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館の2021年度春季企画展「Lost in pandemic--失われた演劇と新たな表現の地平」

会期・会場: 2021年6月3日(木)-8月6日(金) 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館企画展示室I・II

主催: 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点

監修: 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

新型コロナウイルスと演劇年表: p262-274

内容説明・目次

内容説明

演劇の灯は消えない—新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の感染拡大によって、何が失われ、何を得たのか。そして、この先の来るべき演劇の形とは—100人をこえる舞台関係者の声をあつめ、コロナ禍の記憶を記録する。

目次

  • 1 失われた公演と舞台の再開 図録編
  • 2 二〇二〇年の演劇
  • 3 現場からの声
  • 4 パンデミックと演劇 図録編
  • 5 コロナ禍の演劇
  • 6 資料

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ