認知活動における固定性の発生・転換に関する「構え」研究

書誌事項

認知活動における固定性の発生・転換に関する「構え」研究

山下直治著

風間書房, 2021.7

タイトル別名

認知活動における固定性の発生転換に関する構え研究

タイトル読み

ニンチ カツドウ ニオケル コテイセイ ノ ハッセイ・テンカン ニ カンスル「カマエ」ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 31

注記

論文目録: p243-244

文献: p247-256

内容説明・目次

目次

  • 第1部 問題の背景(「構え」に関する従来研究;問題と研究目的)
  • 第2部 認知活動における固定性の発生・転換‐固定された構え研究‐各章における“研究”と検証する仮説および作業仮説(一覧表)(「研究目的1」の実験研究(その1)固定された構えの「一次性」に関する検討—「多義的な絵」の知覚に及ぼす教示の差異効果;「研究目的1」の実験研究(その2)固定実験で呈示対象の量的性格「大きさの比較」に注意を集中させる教示で固定される構え;「研究目的2」の実験研究 固定された構えの「人格性(主観性・欲求)」に関する検討—幼児・児童の知覚変容に及ぼす欲求の作用 ほか)
  • 第3部 総合考察と展望(研究のまとめと仮説の検証;本研究の結論と後続;本研究の課題と今後の新しい研究の方向性)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC08966453
  • ISBN
    • 9784759923940
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 256p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ