書誌事項

ローマ建国以来の歴史

リウィウス [著] ; 毛利晶訳

(西洋古典叢書)

京都大学学術出版会, 2014.1

  • 4

タイトル別名

Titi Livi Ab urbe condita

タイトル読み

ローマ ケンコク イライ ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 1

注記

底本: C.F. Walters, R.S. Conway (ed.), Titi Livi ab urbe condita, Tomus II. Libri VI-X, Oxford 1919

文献: p303-306

月報あり

収録内容

  • イタリア半島の征服2

内容説明・目次

内容説明

王政期から著者同時代のアウグストゥス期に至るローマ史を編年体で叙述した大作。前326‐293年に相当する本分冊では、第二回サムニウム戦争の開始からカウディウムの屈辱を経てローマの勝利による終結、また第3回サムニウム戦争の開始からセンティヌムにおけるデキウス・ムスの自己犠牲による勝利など、ローマがイタリア半島に覇権を拡大していく過程が扱われる。本邦初完訳。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC09228833
  • ISBN
    • 9784876982936
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    lat
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    311, 27p, 図版 [2] p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ