書誌事項

三十六歌仙

吉海直人編

(角川文庫, 22898 . ビギナーズ・クラシックス||ビギナーズ・クラシックス . 日本の古典||ニホン ノ コテン)

KADOKAWA, 2021.10

タイトル別名

角川ソフィア文庫

ビギナーズクラシックス

タイトル読み

サンジュウロッカセン

大学図書館所蔵 件 / 48

この図書・雑誌をさがす

注記

ブックジャケットに「角川ソフィア文庫 A4-8」の記載あり

三十六歌仙関係論文: p227-230

内容説明・目次

内容説明

柿本人麿・紀貫之・在原業平・小野小町ら、「歌の神」として崇拝されてきた藤原公任撰『三十六人撰』の歌人たち。その代表歌の鑑賞はもちろん、人物像と時代背景、不思議な成り立ちや歌の組み合わせ、「百人一首」との違い、和歌と歌仙絵の関係など、知っておきたい基礎知識をわかりやすく解説する、初の入門書。歌仙を描いた絵巻の最高峰とされる名品、秋田藩伝来の「佐竹本三十六歌仙」に描かれた肖像とともに、読み解く。

目次

  • 三十六歌仙解説(柿本人麿;紀貫之;凡河内躬恒;伊勢;大伴家持;山辺赤人;在原業平;僧正遍昭;素性法師;紀友則 ほか)
  • 解説

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ