書誌事項

新生のアルストピア : ジャンバッティスタ・ティエポロからアントニオ・カノーヴァへ

足達薫 [ほか] 著 ; 金山弘昌責任編集 ; 石井朗企画構成

(イタリア美術叢書, 5)

ありな書房, 2022.1

タイトル別名

新古典主義

Arstopia vitae novae : Ex Giambattista Tiepolo ad Antoio Canova

新生のアルストピア : ジャンバッティスタティエポロからアントニオカノーヴァへ

タイトル読み

シンセイ ノ アルストピア : ジャンバッティスタ ティエポロ カラ アントニオ カノーヴァ エ

大学図書館所蔵 件 / 42

注記

その他の著者: 金山弘昌, 金沢文緒, 新保淳乃

収録内容

  • ジャンバッティスタ・ティエポロの指し示すもの / 金山弘昌 [著]
  • 仮面の国のクララ : 一八世紀ヴェネツィアとピエトロ・ロンギの喜劇的風俗画 / 足達薫 [著]
  • 石積みの美学 : ピラネージ《ハドリアヌス帝廟の地下基礎の景観》 / 金山弘昌 [著]
  • ヴェネツィアと祝祭 : カナレットの「キリスト昇天祭の日、ブチントーロの帰還」をめぐって / 金沢文緒 [著]
  • 抱擁とキス : アントニオ・カノーヴァ「横たわるアモルとプシュケ」再訪 / 新保淳乃 [著]
  • 新古典主義、あるいは新しい美の世界 / 金山弘昌 [著]

内容説明・目次

内容説明

ジャンバッティスタ・ティエポロの“四大陸とアポロン”に、ピエトロ・ロンギの“犀のクララ”に、ピラネージの“ハドリアヌス帝廟の地下基礎の景観”に、カナレットの“キリスト昇天祭の日、ブチントーロの帰還”に、アントニオ・カノーヴァの“横たわるアモルとプシュケ”に、イタリア新古典主義美術とグランド・ツアーに、新しく生まれるアルストピアのネクタルを!

目次

  • プロローグ ジャンバッティスタ・ティエポロの指し示すもの
  • 第1章 仮面の国のクララ—一八世紀ヴェネツィアとピエトロ・ロンギの喜劇的風俗画
  • 第2章 石積みの美学—ピラネージ“ハドリアヌス帝廟の地下基礎の景観”
  • 第3章 ヴェネツィアと祝祭—カナレットの“キリスト昇天祭の日、ブチントーロの帰還”をめぐって
  • 第4章 抱擁とキス—アントニオ・カノーヴァ“横たわるアモルとプシュケ”再訪
  • エピローグ 新古典主義、あるいは新しい美の世界

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ