書誌事項

心的現象論・本論

吉本隆明 [著]

(知の新書, sondeos ; A01)

文化科学高等研究院出版局, 2022.1

タイトル別名

心的現象論本論

タイトル読み

シンテキ ゲンショウロン・ホンロン

大学図書館所蔵 件 / 12

注記

2008年刊の再刊

内容説明・目次

内容説明

世界最高峰の思想!心的世界の本質解明と歴史根元への思索。哲学の存立根拠を考察しなおし、感官の実際行為と観念作用を寛覚の働きにおいて徹底解明した30年以上にわたる思想的思索。幻想表出、言語表出、そして心的表出の吉本本質思想3部作の到達世界が、幻想と心的世界との架橋をなす。物と感覚・感官との関わりが、眼の知覚論、身体論、空間的な関係論、時間的な了解論において探究される。この書を了解せずに、政治も経済も歴史も文化も「自分」も語られえない。ヘーゲル、マルクス、フロイトをも超える思想の地平がここにある。

目次

  • 眼の知覚論(眼の構造;“変形”の構造)
  • 身体論(古典ドイツの身体論について;二、三の現代的身体論について ほか)
  • 関係論(“関係”とはなにか;“関係”としてみられた自己・他者・世界 ほか)
  • 了解論(了解と時間性;了解の原基 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC1266285X
  • ISBN
    • 9784910131269
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    783p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ