書誌事項

モルグ街の殺人

エドガー・アラン・ポー[著] ; 河合祥一郎訳

(角川文庫, 23121 [ホ22-2])

KADOKAWA, 2022.3

タイトル読み

モルグガイ ノ サツジン

大学図書館所蔵 件 / 6

注記

原タイトル:The murders in the Rue Morgue

収録内容

  • モルグ街の殺人
  • ベレニス
  • 告げ口心臓
  • 鐘の音
  • おまえが犯人だ
  • 黄金郷
  • 黄金虫
  • 詐欺-精密科学としての考察
  • 楕円形の肖像画
  • アナベル・リー
  • 盗まれた手紙

内容説明・目次

内容説明

本作がなければ、ホームズもポワロも金田一も生まれなかった—世界初の推理小説「モルグ街の殺人」。パリで起きた密室母娘惨殺事件の謎を名探偵デュパンが華麗に解き明かす。同じく初の暗号解読小説「黄金虫」や、最高傑作と名高い「盗まれた手紙」、死の直前に書かれた詩「アナベル・リー」など傑作を全11編収録。ポーの死の謎に迫る解説や用語集も。世紀の天才の推理と分析に圧倒される新訳!ミステリーの原点。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC13620764
  • ISBN
    • 9784041092446
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    349p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ