書誌事項

ロシア哲学史 : 「絶対者」と「人格の生」の相克

イーゴリ・エヴラームピエフ著 ; 下里俊行 [ほか] 訳

水声社, 2022.3

タイトル別名

История русской философии

ロシア哲学史 : 絶対者と人格の生の相克

タイトル読み

ロシア テツガクシ : 「ゼッタイシャ」ト「ジンカク ノ セイ」ノ ソウコク

大学図書館所蔵 件 / 65

注記

原著 (2-е изд., испр. и доп., СПБ.: Издательство РХГА, 2014., ISBN 9785888126493) の全訳

引用・参考文献一覧: p595-601

人名索引: p603-612

その他の訳者: 坂庭淳史, 渡辺圭, 小俣智史, 齋須直人

内容説明・目次

内容説明

キリスト教的プラトニズムとグノーシス主義的神秘主義の対立という図式で中世から二十世紀前半に至るロシア哲学史の総体を読み解き、調和と不協和が織りなす種々の思想潮流から“人格の生”をめぐる卓越した問題意識の体系を抽出する。

目次

  • はじめに—世界哲学を背景にしたロシアの哲学思想
  • ロシア哲学前史(十‐十七世紀)
  • ロシアにおける哲学の誕生(十八世紀)
  • 哲学の基本的方向性の形成(十九世紀前半)
  • F.M.ドストエフスキーの哲学的見解
  • L.トルストイ、N.フョードロフ、「後期」スラヴ主義者たちの宗教的・倫理的探求
  • V.ソロヴィヨフの哲学体系
  • ロシアのライプニッツ主義とカント主義
  • 『キリスト教に関する論争』—V.ローザノフ
  • L.シェストフの宗教的実存主義〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ