書誌事項

東寺廿一口供僧方評定引付

伊藤俊一, 近藤俊彦, 富田正弘編

思文閣出版, 2002.2

  • 第1巻

タイトル読み

トウジ ニジュウイック クソウカタ ヒョウジョウ ヒキツケ

大学図書館所蔵 件 / 1

注記

京都府立総合資料館所蔵国宝『東寺百合文書』のうち, ち函・く函・天地之部等に分蔵されている93冊分を編年順に編集, 翻刻したもの

第1巻: 自明徳5年至応永23年

内容説明・目次

内容説明

本書に翻刻する「東寺廿一口供僧方評定引付」は、京都府立総合資料館所蔵『国宝東寺百合文書』に含まれる日本中世の重要資料である。室町時代の明徳五年(一三九四)から天文二十三年(一五五四)までの百六十年間のうち、九十三年分の九十三冊分を伝え、その学術的価値は古く明治時代から注目されてきた。本第一巻は、明徳五年(応永元年)・応永八年・応永九年・応永十一年・応永十二年・応永十三年・応永十四年・応永十五年・応永十七年・応永十九年・応永二十年・応永二十一年・応永二十二年・応永二十三年・の十四年・十五冊分を収載した。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ