書誌事項

サニテーションのしくみと共創

清水貴夫 [ほか] 編著

(講座サニテーション学, 5)

北海道大学出版会, 2022.3

タイトル別名

Co-creation in sanitation

サニテーションのしくみと共創

タイトル読み

サニテーション ノ シクミ ト キョウ ソウ

大学図書館所蔵 件 / 52

注記

その他の編著者: 牛島健, 池見真由, 林耕次

内容: 本講座の刊行によせて(山内太郎), 序章: なぜサニテーションの共創が必要なのか, 第1部: サニテーションのしくみを構成する要素(第1章「サニテーション計画」-第4章「価値をつなぐ共創」), 第2部: 地域に根差したサニテーションを共創(co-creation)する(第5章「フィールドマトリクス」-第9章「インドネシア」), 終章: 人に寄り添うサニテーションとは, 座談会: サニテーション学を創る(第1部「日本からアフリカへ」, 第2部「学際プロジェクトの可能性」), 索引, 執筆者紹介

参考文献: 章末

索引: p385-392

内容説明・目次

内容説明

よりよいサニテーションを作り上げるための「共創」とは。カメルーン、ブルキナファソ、ザンビア、インドネシアなど、フィールド調査での地域の人々との関わりの中から、技術の実装のみならず、文化的、社会的、経済的に受け入れ可能なしくみづくりと、それを実現するための多様なアクターによる共創の必要性を説く。

目次

  • なぜサニテーションの共創が必要なのか
  • 第1部 サニテーションのしくみを構成する要素(サニテーション計画—技術選択から住民参加、そして社会的包摂へ;国内外のアクター間の対立と連携—国際関係論と参加民主主義の視点から;ステークホルダーとしての生活者;価値をつなぐ共創)
  • 第2部 地域に根差したサニテーションを共創(co‐creation)する(フィールドマトリクス—様々な事例の見取り図;カメルーン—アクターたちの思惑とすれ違い;ブルキナファソ—研究者とローカルNGOが住民を主導する;ザンビア—子どもと若者による水と衛生の参加型アクションリサーチ;インドネシア—マテリアルフローから価値のつながり・ひとのつながりへの展開を目指す)
  • 人に寄り添うサニテーションとは
  • 座談会 サニテーション学を創る

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ