書誌事項

様式とかたちから建築を考える

五十嵐太郎, 菅野裕子著

平凡社, 2022.6

タイトル読み

ヨウシキ ト カタチ カラ ケンチク オ カンガエル

大学図書館所蔵 件 / 104

この図書・雑誌をさがす

注記

参考文献: p304-307

内容説明・目次

内容説明

様式名で分類するだけでは、建築を十分に楽しめない。様式とは何かを理解し、かたちが語るメッセージを読みとくこと。そのために日本近代の様式建築と西洋の歴史建築を接続しながら、豊富な挿図・写真で詳説する。

目次

  • 1 観察編=日本近代の様式建築をひもとく—横浜を中心に(シークエンスの中で読む古典主義構築のデザイン—日本銀行本店本館;序列のあるデザイン要素—旧横浜正金銀行本店本館(神奈川県立歴史博物館) ほか)
  • 2 様式論=建築を思考するフレームワーク(擬洋風を考える(開智学校);時間を操作する複製建築(三菱一号館) ほか)
  • 3 歴史編=西洋の古典主義と装飾(古典主義とゴシック—ギリシア・ローマから中世へ;反復する古典—ルネサンスから新古典主義まで ほか)
  • 4 図解編=柱頭の解説(日本近代の柱頭の表現;古典主義建築のオーダー)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC1504763X
  • ISBN
    • 9784582544725
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    308p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ