書誌事項

東南アジアにおける汚職取締の政治学

外山文子, 小山田英治編著

(シリーズ転換期の国際政治, 16)

晃洋書房, 2022.7

タイトル別名

東南アジアにおける汚職取締の政治学

タイトル読み

トウナン アジア ニ オケル オショク トリシマリ ノ セイジガク

大学図書館所蔵 件 / 81

注記

参考文献: 各章末

人名索引: p347-349

事項索引: p350-356

収録内容

  • 汚職取締と民主主義 / 外山文子, 小山田英治著
  • 汚職取締をどのように分析するか / 外山文子, 小山田英治著
  • 開発援助機関による汚職対策支援 / 小山田英治著
  • レントと汚職 : 研究レビューとタイについての試論 / 三重野文晴, 山口健介著
  • シンガポール共和国 : 汚職撲滅におけるシンガポーリアン・ウェイ / 小山田英治著
  • インドネシア共和国 : 汚職撲滅をめぐる政治権力との闘争 / 川村晃一著
  • タイ王国 : 政治対立に翻弄される汚職取締機関 / 外山文子著
  • フィリピン共和国 : 汚職取締に対する市民の意識をどうとらえるか / 木場紗綾著
  • カンボジア王国 : 人民党支配下における汚職取締と体制維持 / 山田裕史著
  • ベトナム社会主義共和国 : 汚職対策における新たな展開 / Nguyen Thanh Huyen著
  • ラオス人民民主共和国 : 党検査機関と汚職取締機関による「三位一体」体制の形成とその課題 / 瀬戸裕之著
  • 東南アジアにおける汚職取締機関の特徴と課題 / 川村晃一著

内容説明・目次

内容説明

21世紀の世界的汚職取締ブーム、その背景とは?汚職取締と政治、その実相に迫る!世界的に高まる反汚職の機運、特に取締に熱心なのはむしろ権威主義国である。その背後には何があるのか。国際開発学、経済学、比較政治学など多角的な分析を通して、東南アジアの汚職取締をめぐる政治を描き出す。

目次

  • 第1部 汚職取締の分析枠組みと国際的潮流(汚職取締と民主主義;汚職取締をどのように分析するか;開発援助機関による汚職対策支援;レントと汚職—研究レビューとタイについての試論)
  • 第2部 各国事例(シンガポール共和国—汚職撲滅におけるシンガポーリアン・ウェイ;インドネシア共和国—汚職撲滅をめぐる政治権力との闘争;タイ王国—政治対立に翻弄される汚職取締機関;フィリピン共和国—汚職取締に対する市民の意識をどうとらえるか;カンボジア王国—人民党支配下における汚職取締と体制維持 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ