書誌事項

リーディングス合理的選択論 : 家族・人種・コミュニティ

[ゲーリー・S・ベッカーほか著] ; 小林盾, 金井雅之, 佐藤嘉倫編 ; 鈴木伸生 [ほか] 訳

勁草書房, 2022.8

タイトル別名

Readings in rational choice theory : family, race, and community

合理的選択論 : リーディングス : 家族人種コミュニティ

タイトル読み

リーディングス ゴウリテキ センタクロン : カゾク・ジンシュ・コミュニティ

大学図書館所蔵 件 / 95

注記

その他の訳者: 鎌田拓馬, 吉良洋輔, 稲垣佑典, 大林真也

文献あり

収録内容

  • 人的資本,努力,性別役割分業 = Human capital, effort, and the sexual division of labor / ゲーリー・S・ベッカー著 ; 鈴木伸生訳
  • 人種隔離のダイナミックモデル = Dynamic models of segregation / トーマス・S・シェリング著 ; 鎌田拓馬, 大林真也訳
  • コモンズの悲劇 = The tragedy of the commons / ギャレット・ハーディン著 ; 吉良洋輔訳
  • 集合行動のいき値モデル = Threshold models of collective behavior / マーク・グラノヴェター著 ; 稲垣佑典訳
  • 協力の進化 = The evolution of cooperation / ロバート・アクセルロッド, ウィリアム・D・ハミルトン著 ; 金井雅之訳
  • 社会理論,社会調査,行為の理論 = Social theory, social research, and a theory of action / ジェームズ・S・コールマン著 ; 大林真也訳

内容説明・目次

内容説明

社会科学の多様な展開を支えてきた合理的選択論の最重要論文集。人びとの行動や社会の動きを「各個人の合理的判断の結果」とみなす合理的選択論(合理的選択理論、rational choice theory)の、現代社会でも輝きを失わない、骨太な古典的業績。

目次

  • 序 合理的選択と社会
  • 第1章 人的資本、努力、性別役割分業
  • 第2章 人種隔離のダイナミックモデル
  • 第3章 コモンズの悲劇
  • 第4章 集合行動のいき値モデル
  • 第5章 協力の進化
  • 第6章 社会理論、社会調査、行為の理論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ