再生する延暦寺の建築 : 信長焼き討ち後の伽藍復興

書誌事項

再生する延暦寺の建築 : 信長焼き討ち後の伽藍復興

海野聡著

吉川弘文館, 2023.1

タイトル読み

サイセイ スル エンリャクジ ノ ケンチク : ノブナガ ヤキウチゴ ノ ガラン フッコウ

大学図書館所蔵 件 / 73

この図書・雑誌をさがす

内容説明・目次

内容説明

織田信長の焼き討ちで伽藍の大部分を失った比叡山延暦寺に関する研究は、焼失前に偏り、復興後は看過されてきた。全山の建造物を調査し、建築の継承や現在に至る伽藍形成を追究。天台宗寺院の建築的特質を解き明かす。

目次

  • 焼き討ち後の延暦寺の伽藍復興の意義
  • 第1部 比叡山の地勢と歴史(延暦寺の開創と伽藍の形成;比叡山の地勢と三塔十六谷の構成;元亀の焼き討ちの背景と伽藍復興)
  • 第2部 焼き討ち以降の延暦寺の復興(豊臣政権における焼き討ちからの復興;家康・家光による復興と寛永寺の開創;綱吉期における寺社復興と延暦寺 ほか)
  • 第3部 延暦寺建築の特質(延暦寺の現存仏堂の構成と特質;延暦寺の廟所建築の特質;特殊な建築構造と組物—延暦寺型鐘楼と雲形肘木 ほか)
  • 破壊と再生を通した継承の建築史へ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BD00431788
  • ISBN
    • 9784642016681
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 299, 4p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ