中国の知的障害者とその家族 : 「新しい社会性」のエスノグラフィー

書誌事項

中国の知的障害者とその家族 : 「新しい社会性」のエスノグラフィー

奈倉京子著

東方書店, 2023.2

タイトル別名

Ethnography

中国の知的障害者とその家族 : 新しい社会性のエスノグラフィー

タイトル読み

チュウゴク ノ チテキ ショウガイシャ ト ソノ カゾク : アタラシイ シャカイセイ ノ エスノグラフィー

大学図書館所蔵 件 / 63

この図書・雑誌をさがす

注記

博士論文「中国の知的障害者とその家族の『新しい社会性』 : 中間的領域/組織をめぐるエスノグラフィー」(一橋大学, 2022年) に加除修正したもの

参考文献: 巻末p35-46

内容説明・目次

内容説明

ケアは家族へ回帰するのか。社会に頼ることができるのか。民間組織「機構」の役割を当事者の目線で検討し、また複数の障害者家族への聞き取りを通して、中国西北部に暮らす知的障害者とその家族の生の営みを映し出す。

目次

  • 序章
  • 第1部 中間的領域/組織の役割からみる「新しい社会性」(中国政府の障害認識と政策理念;中国的ソーシャルワークと民間組織;高等教育機関の教員による「機構」の中間的領域/組織の役割;知的障害者支援組織「慧霊」の中間的領域/組織の役割;知的障害児教育支援センターの中間的領域/組織の役割)
  • 第2部 障害者家族の「新しい社会性」(中間的領域/組織の経験—母親の回復と専門家の役割;「家族回帰」と個人の自立—自己実現を追求する母親;「家族回帰」と個人の犠牲—祖父母の関与をめぐって;「家族回帰」と中間的領域/組織のはざま—混沌と期待を語る母親)
  • 終章 知的障害者とその家族の「新しい社会性」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ