モルブス・アウストリアクス : オーストリア文学をめぐる16章

書誌事項

モルブス・アウストリアクス : オーストリア文学をめぐる16章

前田佳一編

法政大学出版局, 2023.5

タイトル別名

Morbus Austriacus

モルブスアウストリアクス : オーストリア文学をめぐる16章

タイトル読み

モルブス・アウストリアクス : オーストリア ブンガク オ メグル 16ショウ

大学図書館所蔵 件 / 42

この図書・雑誌をさがす

収録内容

  • モルブス・アウストリアクスあるいはオーストリア文学の過去と未来の間 / 前田佳一著
  • 「ドイツ」国民叙事詩? / 山本潤著
  • 「全的人間」による共同体の創造 / 石橋奈智著
  • 「この時代」の文化批判 / 桂元嗣著
  • この小さな国 : 偶然にも私の故国 / 杉山有紀子著
  • 『聖霊降臨節の牧歌』から『聖霊降臨節の旅』へ / 杉山有紀子著
  • ナチスの桂冠詩人か、言語芸術の革新者か / 日名淳裕著
  • 敷居に立つニーベルンゲン / 山本潤著
  • アイヒンガー、アイゼンライヒ、ドーデラー / 前田佳一著
  • インゲボルク・バッハマンと戦後ウィーン / 前田佳一著
  • 「オーストリア的なるもの」の緩慢なる自殺あるいは損傷した物語 / 前田佳一著
  • 「けっしてひとりではない」場所 / 桂元嗣著
  • 腐食する現在、拓かれる過去 / 日名淳裕著
  • トーマス・ベルンハルト『地上でそして地獄で』における反復される「私」 / 日名淳裕著
  • 革命とフラグメント / 金志成著
  • ローベルト・ヴァルザー『散歩』とトーマス・ベルンハルト『行く』 / 葛西敬之著
  • 自伝が生まれる時 / 飯島雄太郎著

内容説明・目次

内容説明

消滅したかつての帝国をも含む神話への深い執着と愛憎は「オーストリア病(モルブス・アウストリアクス)」と表現される。「ニーベルンゲンの歌」から、ホーフマンスタール、ムージル、ツヴァイク、バッハマン、ベルンハルトまで、この「病い」が駆動させるアクチュアリティを問う。

目次

  • 序章 モルブス・アウストリアクスあるいはオーストリア文学の過去と未来の間
  • 第1部(「ドイツ」国民叙事詩?―オーストリア文学史叙述における『ニーベルンゲンの歌』;「全的人間」による共同体の創造―ホーフマンスタール『国民の精神的空間としての書物』とディルタイの精神科学;「この時代」の文化批判―ムージルの「カカーニエン」とアウストロ・ファシズム;「この小さな国―偶然にも私の故国」―シュテファン・ツヴァイク『昨日の世界』における「故郷」としてのオーストリア;『聖霊降臨節の牧歌』から『聖霊降臨節の旅』へ―K・H・ヴァッガールにおける第二次世界大戦中/戦後の「故郷」理念の変化;ナチスの桂冠詩人か、言語芸術の革新者か―ヨーゼフ・ヴァインヘーバーの戦後オーストリア文学における立ち位置)
  • 第2部(アイヒンガー、アイゼンライヒ、ドーデラー―不信の詩学あるいは「オーストリア的なるもの」の象徴化と神話化;インゲボルク・バッハマンと戦後ウィーン;「オーストリア的なるもの」の緩慢なる自殺あるいは損傷した物語―ゲアハルト・フリッチュの長編『石の上の苔』と『ファッシング』について;「けっしてひとりではない」場所―ミロ・ドールにおける故郷と自伝的語り;腐食する現在、拓かれる過去―イルゼ・アイヒンガーの詩における「錆」の主題;トーマス・ベルンハルト『地上でそして地獄で』における反復される「私」―詩「顔たちの日」と「九篇の聖歌」を例として;革命とフラグメント―初期ベルンハルトの中編小説;ローベルト・ヴァルザー『散歩』とトーマス・ベルンハルト『行く』―二つの歩行する散文の分岐点;自伝が生まれる時―メタフィクションとしてのトーマス・ベルンハルト『推敲』について)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BD02169245
  • ISBN
    • 9784588495212
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 428, 2p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ