書誌事項

親による子の拐取を巡る総合的研究 : 比較法・歴史・解釈

深町晋也, 樋口亮介, 石綿はる美編著

日本評論社, 2023.6

タイトル別名

親による子の拐取を巡る総合的研究 : 比較法歴史解釈

タイトル読み

オヤ ニヨル コ ノ カイシュ オ メグル ソウゴウテキ ケンキュウ : ヒカクホウ レキシ カイシャク

大学図書館所蔵 件 / 70

内容説明・目次

内容説明

親による子の拐取という現象に対し、様々に見られる各国の法制度はいかにして成り立っているのか。歴史と比較の観点を踏まえ、解釈の理路を描く。

目次

  • 第1部 拐取罪の比較法・沿革研究(ドイツ刑法における未成年者の子の奪い合いを巡る議論状況;オーストリア刑法における未成年者の引離しを巡る議論状況―両親による子の奪い合い事例を中心に;スイス刑法における未成年の子の奪い合いを巡る議論状況 ほか)
  • 第2部 親による子の「奪い合い」事案と未成年者拐取罪(未成年者略取及び誘拐罪の法益について;監護権の重要性―比較法的視座から;自由および身体の安全という各法益について ほか)
  • 第3部 日本法の地層分析―積み重なる歴史と解釈(日本法の地層―拐取罪を巡る(裁)判例および学説の各状況の粗描;親による未成年の子の奪い合いと拐取罪の成否を巡る諸問題―日本法の新たな地層;面会交流悪用事案の分析に基づく拐取罪の構造分析―続・日本法の新たな地層 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BD02284662
  • ISBN
    • 9784535524989
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxxii, 490p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ