日本のクラシック音楽は歪んでいる : 12の批判的考察

書誌事項

日本のクラシック音楽は歪んでいる : 12の批判的考察

森本恭正著

(光文社新書, 1290)

光文社, 2024.1

タイトル読み

ニホン ノ クラシック オンガク ワ ユガンデ イル : 12 ノ ヒハンテキ コウサツ

大学図書館所蔵 件 / 36

この図書・雑誌をさがす

内容説明・目次

内容説明

本書における批判の眼目は、日本における西洋音楽の導入において、いかに我々は間違ってそれらを受け入れ、その上その間違いに誰も気がつかず、あるいは気がついた者がいたとしても訂正せず、しかも現在まで間違い続けてきたか、という点である。(「批判1 日本のクラシック音楽受容の躓き」より)明治期に導入された西洋音楽。だが、その釦は最初から掛け違っていた。そして日本のクラシック音楽は、掛け違った釦のまま「権威」という衣を纏い、今日へと至る。作曲家・指揮者として活躍する著者が、二十年を超える思考の上に辿り着いて示す、西洋音楽の本質。

目次

  • 批判1 日本のクラシック音楽受容の躓き
  • 批判2 西洋音楽と日本音楽の隔たり
  • 批判3 邦楽のルーツ
  • 批判4 なぜ行進は左足から始まるのか
  • 批判5 西洋音楽と暴力
  • 批判6 バロック音楽が変えたもの
  • 批判7 誰もが吉田秀和を讃えている
  • 批判8 楽譜から見落とされる音
  • 批判9 歌の翼
  • 批判10 音楽を運ぶ
  • 批判11 現代日本の音楽状況
  • 批判12 創(キズ)を造る行為

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BD05299983
  • ISBN
    • 9784334101961
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    237p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ