「最期は自宅で」30の逝き方 : 在宅緩和ケア医が出会った

著者

    • 高橋, 浩一 タカハシ, コウイチ

書誌事項

「最期は自宅で」30の逝き方 : 在宅緩和ケア医が出会った

高橋浩一著

(光文社新書, 1293)

光文社, 2024.1

タイトル別名

最期は自宅で30の逝き方 : 在宅緩和ケア医が出会った

タイトル読み

「サイゴ ワ ジタク デ」30 ノ イキカタ : ザイタク カンワ ケアイ ガ デアッタ

大学図書館所蔵 件 / 24

この図書・雑誌をさがす

注記

著者「高橋」の「高」は「梯子高 (はしごだか) 」の置き換え

内容説明・目次

内容説明

誰もが一度は経験する「死ぬ時」のこと「医療に関わりたくない」「好きなものを食べて死にたい」「自分の布団で死にたい」…etc.本人が、家族が、どう叶えるか?30のエピソード。

目次

  • はじめに 「ヨロヨロ、ドタリ」のそのあとで
  • 1 本人が当院外来に初診でいらしたケース―4つの出会い
  • 2 ご家族が当院外来に見えたケース―4つの出会い
  • 3 ケアマネジャーからの依頼―5つの出会い
  • 4 施設からの依頼―5つの出会い
  • 5 地域包括支援センターからの依頼―3つの出会い
  • 6 訪問看護ステーションからの依頼―4つの出会い
  • 7 病院の退院支援室や地域連携室からの依頼―5つの出会い
  • あとがき―本人の希望に沿う、ということ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ