スカウト目線の現代サッカー事情 : イングランドで見た「ダイヤの原石」の探し方

著者

    • 田丸, 雄己 タマル, ユウキ

書誌事項

スカウト目線の現代サッカー事情 : イングランドで見た「ダイヤの原石」の探し方

田丸雄己著

(光文社新書, 1294)

光文社, 2024.2

タイトル別名

スカウト目線の現代サッカー事情 : イングランドで見たダイヤの原石の探し方

タイトル読み

スカウト メセン ノ ゲンダイ サッカー ジジョウ : イングランド デ ミタ「ダイヤ ノ ゲンセキ」ノ サガシカタ

大学図書館所蔵 件 / 26

この図書・雑誌をさがす

内容説明・目次

内容説明

ビジネス規模や戦術・技術面での進歩が著しい世界のサッカー界の中でも、大きな役割を占める「スカウト」。テレビや漫画などで流布されるそのイメージはいまだに人情や勘に重きを置いた旧態依然としたものであるが、実態は大きく異なり、集団での意思決定とデータによる能力の可視化が当たり前となっている。また、選手としての経験は全く求められない。一方で人脈や経験からくる知見もまだまだ重要で、「ダイヤの原石」を探して捕まえるための競争は激化する一方だ。イングランドのクラブと大学院で実績を積んだ二十代のスカウトが、観察眼の鍛え方やデータ分析の具体的な実践、育成・移籍のシビアな裏側など、ベールに包まれたスカウトの仕事を明らかにし、サッカー界ひいてはスポーツ界全体の最新動向に迫る。

目次

  • プロローグ―サッカー好きが高じてイングランドでプロのスカウトになるまで
  • サッカースカウトの日々の仕事
  • 優れた才能を発掘して獲得するには(前編)
  • 優れた才能を発掘して獲得するには(後編)
  • 「データスカウティング」の現在地(前編)
  • 「データスカウティング」の現在地(後編)
  • 変わり続ける育成の仕組み
  • 育成世代の選手とプロでは何が違うのか
  • スカウトという職業の生態
  • スカウトはどうやってスカウトになるのか
  • フットボールを観察する力(observation)とは
  • フットボール都市ロンドンの生態系(前編)
  • フットボール都市ロンドンの生態系(後編)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ