書誌事項

ろろるの村滞在記

長江俊和著

(新潮文庫, 11868, な-96-5 . 出版禁止 / 長江俊和著||シュッパン キンシ)

新潮社, 2024.3

タイトル別名

The memories of their stay in rororu village

出版禁止 : いやしの村滞在記

タイトル読み

ロロル ノ ムラ タイザイキ

大学図書館所蔵 件 / 17

この図書・雑誌をさがす

注記

その他のタイトルはブックジャケットによる

2021年刊の改題

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

奈良県辺境のある奥深い山間部に、村はあった。心に深い傷を負い、積年の恨みを抱えた人々が最後に辿りつく「すくいの村」。だがそこには呪いで人を殺すという恨強い噂が。二〇〇八年、近隣の廃村で陰惨な死体遺棄事件が発生。遺体は山奥の湖畔で、切断され樹木に釘で打ち付けられていた…。発禁となった手記、エグすぎる真相、二度読み必至の衝撃作!

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BD05807814
  • ISBN
    • 9784101207452
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    351p
  • 大きさ
    16cm
  • 親書誌ID
ページトップへ