書誌事項

日本霊異記 . 発心集

[景戒編] ; 伊藤比呂美訳 . [鴨長明著] ; 伊藤比呂美訳

(河出文庫, [い45-3] . 古典新訳コレクション||コテン シンヤク コレクション ; [22])

河出書房新社, 2024.3

タイトル読み

ニホン リョウイキ . ホッシンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 4

この図書・雑誌をさがす

注記

シリーズ番号はブックジャケットによる

「日本霊異記 今昔物語 宇治拾遺物語 発心集」 (2015年刊) より一部加筆修正

参考文献: p215

内容説明・目次

内容説明

平安時代初期、薬師寺の僧景戒編著の日本最古の仏教説話集『日本霊異記』は、雄略天皇から嵯峨天皇までの因果応報の説話、善悪、霊験、奇蹟、怪異、性愛などが描かれている。鎌倉時代初期、『方丈記』で知られる鴨長明編の仏教説話集『発心集』は、仏道の心の在り方を説く。両作品に魅了された詩人・伊藤比呂美が厳選、渾身の新訳で現代に甦る。

目次

  • 日本霊異記(雷を捉える縁;狐女房の縁;漁夫の悪報の縁;野ざらしの髑髏の縁;風のように生きる縁 ほか)
  • 発心集(玄敏僧都、遁世逐電の事;同じく玄敏僧都、伊賀の国の郡司に使われた事;平等供奉、山を離れて異州に赴く事;千観内供、遁世して籠居の事;多武峯の僧賀上人、遁世して往生の事 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BD05968959
  • ISBN
    • 9784309420868
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    227p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ