関和知の出世 : 政論記者からメディア議員へ

書誌事項

関和知の出世 : 政論記者からメディア議員へ

河崎吉紀著

(近代日本メディア議員列伝, 3)

創元社, 2024.3

タイトル読み

セキ ワチ ノ シュッセ : セイロン キシャ カラ メディア ギイン エ

大学図書館所蔵 件 / 18

この図書・雑誌をさがす

注記

引用文献: p379-382

関和知著作年譜: p383-389

内容説明・目次

内容説明

普選導入で大衆政治が本格化する趨勢を先読みし、“憲政会の闘将”として聴衆の耳目を集めた関和知にメディア議員の祖型を探る。

目次

  • 序章 メディア議員とは何か
  • 第1章 政治的拠点としてのメディア
  • 第2章 アメリカ帰りのジャーナリスト
  • 第3章 改進党系の若手代議士
  • 第4章 早稲田の人的ネットワーク
  • 第5章 閥族打破から国民教育へ
  • 第6章 憲政会幹事長の政治演説
  • 第7章 普通選挙運動における「独立の生計」
  • 第8章 憲政会総務のメディア・パフォーマンス
  • 第9章 第二次憲政擁護運動と国民の政治参加
  • 終章 メディア議員のゆくえ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ