生物発光が人類の未来を変える

著者

書誌事項

生物発光が人類の未来を変える

近江谷克裕, 西原諒著

(Superサイエンス)

シーアンドアール研究所, 2024.3

タイトル読み

セイブツ ハッコウ ガ ジンルイ ノ ミライ オ カエル

大学図書館所蔵 件 / 15

この図書・雑誌をさがす

注記

文献 : p239

索引あり

内容説明・目次

内容説明

世界を変える生物発光の秘密に迫る!生物発光には無限の可能性が秘められています。その生物発光研究の歴史、生物学的な多様性の面白さ、発光する原理や生物発光システムの応用展開について詳しく解説します。

目次

  • 1 世界は生物発光を求めている(なぜ、生物発光が世界を変えるのか?;動き出した生物発光の新活用 ほか)
  • 2 ホタルの光が変える世界(ホタルは発光甲虫の1つ;ホタルの発光の分子メカニズム ほか)
  • 3 世界でもっとも多様なクラゲの光(セレンテラジンを触媒する酵素はたくさん;多種多様なルシフェラーゼが細胞情報を可視化 ほか)
  • 4 日本生まれのウミホタルの光(海洋発光生物としてのウミホタル;ウミホタル研究の事始めは日本? ほか)
  • 5 その他の生物発光にも大きな可能性(発光バクテリアの応用展開;発光キノコが起こす植物革命 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BD06134843
  • ISBN
    • 9784863544420
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    新潟
  • ページ数/冊数
    239p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ