書誌事項

イスラエル/パレスチナ紀行

四方田犬彦著

(河出文庫, [よ18-2] . 見ることの塩 / 四方田犬彦著||ミル コト ノ シオ ; 上)

河出書房新社, 2024.3

タイトル別名

見ることの塩 : パレスチナ・セルビア紀行

Salt in my eyes : journey to Israel/Palestine

イスラエルパレスチナ紀行

タイトル読み

イスラエル パレスチナ キコウ

大学図書館所蔵 件 / 2

この図書・雑誌をさがす

注記

作品社 2005年刊を2分冊

その他のタイトル, シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

テルアヴィヴからエルサレム、そして「壁」を越えヨルダン川西岸パレスチナへ。街を歩き、土地の人々と対話を重ねるなかで浮上する、ユダヤ人の定義不可能性。知られざるイスラエル社会の差別構造。そして壁に囲まれ暮らす人々の悲痛な語り…。さりげない日常から現代史の突出点を凝視する、珠玉の紀行文学。文庫版書き下ろし「見ることの蜜は可能か」を増補。

目次

  • 第1部 イスラエル/パレスチナ(テルアヴィヴへの到着;ユダヤ人の定義不可能性;日常生活;若者たちと軍隊;テルアヴィヴという都市;イラン・パペは語る;イスラエル国内のアラブ人;エルサレム;壁と検問;西岸をめぐる;ジェニンへの道;エステルの当惑)
  • 見ることの蜜は可能か 二〇二四年版のための追補

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ