書誌事項

枕草子

[清少納言著] ; 酒井順子訳

(河出文庫, [さ52-1] . 古典新訳コレクション||コテン シンヤク コレクション ; [24])

河出書房新社, 2024.5

タイトル読み

マクラノソウシ

統一タイトル

枕草子(清少納言 : KOTEN:58571)

大学図書館所蔵 件 / 3

この図書・雑誌をさがす

注記

2016年刊『枕草子/方丈記/徒然草』より「枕草子」の1段から142段を収録, 一部加筆修正

シリーズ番号はブックジャケットによる

参考文献: p267

内容説明・目次

内容説明

平安中期、一条天皇の中宮定子に仕えた清少納言が、宮中での日々を綴った『枕草子』は、日本を代表する随筆文学。英知とユーモアに満ちたその筆致は、平安と現代の間に橋をかける。『枕草子REMIX』で、すでに清少納言への深い共感を綴ったエッセイストならではの、エスプリの効いた自然な現代語訳が楽しい。全二巻。上巻は一段から一四二段まで。

目次

  • 春は、夜明けが好き。
  • 季節は、正月、三月…
  • 正月一日は、特別。
  • 三月三日のお節供は…
  • 四月の賀茂祭の頃は…
  • 同じ言葉であっても…
  • 愛する子供を僧にした親というのは…
  • 中宮職の三等官である大進の平生昌の家に…
  • 帝のお側にお仕えする“御猫”は…
  • 正月一日、三月三日は…
  • 任官の御礼を帝に申し上げる姿は…
  • 仮の内裏である一条院の東を…
  • 山は小倉山、鹿背山、三笠山。
  • 市は辰の市。
  • 峰はゆづるはの峰。
  • 原は瓶の原、朝の原、園原。
  • 淵は賢淵は…
  • 海は湖、与謝の海、かわふちの海。
  • 陵は小栗栖の陵、柏木の陵、あめの陵。
  • 渡はしかすがの渡、こりずまの渡、水はしの渡。〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BD06779270
  • ISBN
    • 9784309421049
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    276p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
  • 統一タイトルID
ページトップへ