書誌事項

建築探偵の冒険

藤森照信著

筑摩書房, 1986.3

  • 東京篇

タイトル読み

ケンチク タンテイ ノ ボウケン

大学図書館所蔵 件 / 110

内容説明・目次

内容説明

路上からの東京論。街を歩きまわり、古い建物や変わった建物を発見し、調査する“東京建築探偵団”の主唱者による建築をめぐる不思議な話、面白い話の発掘記。楽しく読みすすむうちに、東京という稀有の都市の姿が鮮やかにみえてくる。

目次

  • 正しい建築探偵のやり方—今和次郎のフルコース
  • 犬も歩けば…—看板建築
  • 街角にダダイズムが立っていた—東洋キネマ
  • 全長335メートルの秘境—東京駅
  • 皇居が見つかった—皇居前広場
  • ネクラのマッカーサー—横浜ニューグランドHと第一生命館
  • 病院は流血と笑いの図像だらけ—聖路加国際病院
  • 西洋館は国電歩いて3分—鏡子の家
  • 東京を私造したかった人の伝—兜町と田園調布

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ