書誌事項

ポリローグ

ジュリア・クリステヴァ[著] ; 赤羽研三[ほか]共訳

白水社, 1986.5

タイトル別名

Polylogue

タイトル読み

ポリローグ

大学図書館所蔵 件 / 109

注記

その他の訳者: 足立和浩, 北山研二, 佐々木滋子, 沢崎浩平, 高橋純, 西川直子

内容説明・目次

内容説明

西欧的ロゴスを問い直し,その乗り越えの方向を示すクリステヴァの記号論の集成.意味を多数化=無限化する身体のロゴス〈ポリローグ〉の聴取を通じて,危機の時代の知の態様をみつめ,否定性の新たな止揚に賭ける注目の論集。

目次

  • 1 文学の政治性
  • 2 過程にある主体
  • 3 ひとつの自己同一性から別の自己同一性
  • 4 ポリローグ
  • 5 物質、意味、弁証法
  • 6 述語機能と語る主体
  • 7 言語学の倫理
  • 8 リズム的制約と詩的言語
  • 9 場所の名

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN0038923X
  • ISBN
    • 4560018545
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    465p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ