財産法の体系と不当利得法の構造

書誌事項

財産法の体系と不当利得法の構造

加藤雅信著

有斐閣, 1986.10

タイトル読み

ザイサンホウ ノ タイケイ ト フトウ リトクホウ ノ コウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 112

注記

不当利得立法史・文献年表:p885-939

内容説明・目次

目次

  • 裁判規範としての現行不当利得法の再検討
  • 不当利得制度の統一的把握と類型論
  • 不当利得法とは何か
  • 帰属法的不当利得規範
  • 矯正法的不当利得規範
  • 両性的不当利得事案
  • 多当事者間の不当利得
  • 統一的請求権論序説
  • 訴訟物論争の再検討
  • 統一的請求権とその法律構成
  • 不当利得返還請求権と他の請求権との関係をめぐる伝統的諸学説
  • 法律構成が未純化の諸問題
  • 転用物訴権

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN00428739
  • ISBN
    • 4641036225
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    939,17p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ