書誌事項

思索と体験

西田幾多郎著

(岩波文庫, 青(33)-124-2)

岩波書店, 1980.9

  • [正]

タイトル読み

シサク ト タイケン

大学図書館所蔵 件 / 183

注記

岩波書店発行の3訂版(1938.6)を基礎にしたもの

内容説明・目次

内容説明

『善の研究』をもって学問的出発をなした西田(1870‐1945)は、以後孜々として思索を深め多くの体系的著作を残した。本書には、それら大著のあい間に書かれた論文・小品・エッセイのうち、京都時代初期のものがまとめられている。『続思索と体験』とともにいわば著者の自叙伝であり、西田哲学へのこの上ない入門書。

目次

  • 認識論における純論理派の主張について
  • 法則
  • 論理の理解と数理の理解
  • 自然科学と歴史学
  • 高橋(里美)文学士の拙著『善の研究』に対する批評に答う
  • ベルグソンの哲学的方法論
  • ベルグソンの純粋持続
  • 現代の哲学
  • コーヘンの純粋意識
  • ロッツェの形而上学
  • 認識論者としてのアンリ・ポアンカレ
  • トルストイについて
  • 愚禿親鸞
  • 『小泉八雲伝』の序
  • 『国文学史講和』の序
  • 『物質と記憶』の序文

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN00762162
  • ISBN
    • 9784003312421
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    243p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ