書誌事項

現代彫刻

中原佑介著

美術出版社, 1987.4

改訂新版

タイトル読み

ゲンダイ チョウコク

大学図書館所蔵 件 / 69

内容説明・目次

内容説明

「現代彫刻」がもし珍奇なものだとすれば、それはわれわれの時代が奇妙なものだということに他ならない。「彫刻」が矛盾の塊になってしまった時代にあっても、その精神的必要性は存続しつづける。彫刻観の変貌を読む。

目次

  • 1 芸術と技術(仏像という彫刻;現代の彫刻とはなにか;ロダンとシーガル)
  • 2 パンと彫刻(芸術の非合理性;ダダと超現実主義;オブジェの出現;人体像の誕生)
  • 3 古典彫刻の崩壊(ボッチョーニの予言;立体派と物質;デュシャン=ヴィヨンとアーチペンコ)
  • 原始芸術への共鳴
  • ゴーギャンとピカソ
  • コンスタンチン・ブランクーシ
  • 4 物質の氾濫(デュシャンと「レディメイド」;「メルツ」とシュヴィッタース;ジョーンズの擬似既成品)
  • 5 自然と彫刻(抽象化と抽象彫刻;アルプの具体芸術;ムーアとヘップワース;ゴンサレスと鉄彫刻;ジャコメッティの矛盾;毛利武士郎の《祭殿》;セザールのプレス彫刻;ケメニーの金属レリーフ)
  • 6 空間の探究(構成主義の新造型タトリンの《反レリーフ》;フォンタナの「空間主義」)
  • 7 動く芸術(コルダーの「モビール」;シャン・ティンゲリー)
  • 8 組み合わせと複合(アンソニー・カロ;触覚性の喚起)
  • 9 現代彫刻と文化(鑑賞という行為;彫刻と文化;美術館とはなにか;現代の創造)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01064456
  • ISBN
    • 4568201187
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    223p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ